放射線治療という選択|がん細胞撲滅Project

ピンポイント照射での治療

聴診器

欧米で盛んな放射線の治療

ガンの治療法には外科手術、薬物療法、放射線治療の3つがあります。日本では主に外科手術が行われており、転移や再発を防ぐために薬物療法や放射線治療が行われています。欧米では外科手術よりも放射線治療がメインに行われています。しかし最近は放射線治療の技術が進歩しており、外科手術ではなくガン細胞だけを狙い撃ちにするピンポイント照射が行われるようになっています。この治療法は周囲の正常細胞を傷つけないというメリットがあります。ガン細胞は目に見えないため、手術でガン細胞を除去しても取り残している場合が多いのです。それによって転移したり再発したりする危険性があります。最近ではチーム医療が普及しているので、外科手術と放射線治療を連携させた治療法も行われています。

免疫療法の併用による効果

放射線治療を行うと副作用があります。これはガン細胞以外の正常細胞に照射してしまうのが原因です。最近のピンポイント照射では正常細胞を傷つけないので副作用も減少する傾向にあります。また細胞分裂が盛んな細胞ほど放射線によるダメージが大きく、副作用もでやすいのです。最近は副作用を抑える工夫が考え出されており、免疫療法を併行して行う病院が増えています。免疫療法とは人間がもともと持っている免疫力を高める治療法です。ガン治療にも効果があるといわれていますが、まだ確率はされていないのです。ただし副作用を抑える効果はあるので、放射線治療や抗がん剤治療と併行して行われるようになっています。放射線治療を受ける時は免疫療法を併行して行う病院を選ぶことも大事です。