放射線治療という選択|がん細胞撲滅Project

腫瘍に直接作用する

診察

休息は大切

放射線治療は癌の治療としてよく知られている治療法です。放射線には腫瘍が大きくなっていくのを遅らせたり、腫瘍を小さくしたり、消滅させる働きがあり、この働きを利用して放射線治療を癌の治療として取り入れています。放射線治療を単独で行うこともありますが、ほとんどの場合は手術療法と薬物療法と併用して行われます。腫瘍が出来た場所にもよりますが、手術を行う前にこの治療を行ったり、手術の後に行ったりします。放射線治療の効果は腫瘍の大きさや場所にもよって違い、患者の健康状態や体調にもよって変わってきます。放射線治療は病院に入院することなくできますが、自宅にいるからといって体に負担をかけるのは禁物です。疲れやすいなどの症状がある時はしっかりと休息することが大切です。

さまざまな副作用

癌の治療には副作用があることは多くの方が知っていることですが、放射線治療にも副作用があります。放射線を当てた幹部が日焼けしたように赤くなったり、かゆくなったりすることがあります。こすったりかいたりせず、医師に相談することが大切です。また、疲れやすくなったり怠くなったりします。そのような場合は無理をせずしっかりと休むことが大切です。その他には食欲の低下という症状があります。腹部や腸に放射線治療を行うと出やすい症状で吐き気なども出る場合があります。なるべく消化の良いものを食べ、あまりにひどい時は医師に相談することが必要です。また癌の治療のストレスでなる場合もあります。あんまり考えすぎるのもストレスになってしまうので、家族や友人と話をして楽観的な気持ちでいることが大切です。