放射線治療という選択|がん細胞撲滅Project

癌治療で活躍する放射線

シニア女性とナース

放射線照射で癌をたたく

放射線と聞くと、被曝による体への影響をイメージする人も多いでしょう。医療で放射線が用いられる方法では、レントゲンやCTなど放射線による画像診断と放射線治療装置を用いた癌治療です。放射線治療には、X線やγ線などがあり、新たな概念として陽子線や重粒子線などがあります。これらは多かれ少なかれ、副作用が出現するという懸念があり、治療に対する不安や問題もあるはずです。しかし、放射線治療を行う前提として癌患者の治療に用いることですので、副作用を最小限に抑え、副作用が出現した場合、線量を変えることやほかの治療に切り替えるなど、副作用の情報から治療方法が決められます。癌は一度発症すると無尽蔵に細胞分裂をはじめ、そのスピードを加速させ、転移を繰り広げ死に至ります。放射線治療により癌細胞の増殖を止め、癌治療を行います。

放射線の副作用と対策

放射線治療の副作用は人によって異なりますが、全身倦怠感や食欲不振などが主なようです。また、照射部分のかゆみや赤みを発生させる人もいます。時には、吐き気が起こる方もいるようです。しかし、医師のアドバイスに従って養生していれば、次第にこれらを感じなくなるでしょう。副作用を和らげる対策として、十分な休養と十分な食事による栄養摂取を心掛け、万が一吐き気などが強くなる場合、吐き止め薬を処方してもらい、それを服用することが良いでしょう。イメージとして副作用が強く思われますが、初期で出た副作用も治療を繰り返すと落ち着きが出ることがあります。癌の増殖力は驚異的で私たちの身体を蝕むため、それだけにピンポイントで癌細胞に対して放射線治療を行う必要があるのです。副作用を感じたら治療の途中でも医師のその旨を伝え、早めの対処をすることが良いでしょう。