放射線治療という選択|がん細胞撲滅Project

放射線でがんの増殖を抑制

病院

メスを使わないがん治療

がん治療の中の1つに放射線治療がありますが、これは放射線の働きでがん細胞の分裂を阻止し、増殖や範囲を小さくする効果があります。放射線治療のメリットはメスを使わずに治療ができる点や、手術でがんの摘出が難しい場合などにも適しています。この放射線治療は、内部治療と外部治療にわかれます。内部治療では放射線を含むカプセル状のものを服用していくことで、体内から働きかけていきます。そして、外部治療では放射線をがんがある部分に当てていくことで行われます。患者が放射線治療を望むのであれば受けていくことができますが、その場合は医師から十分に説明を聞いていくことが大事です。メリットばかりでなく副作用も起こることが多いので、どいったことがあるのかを事前に認識していく必要があります。

最適な治療となる場合

放射線治療は、医師から患者に勧められることもあります。その場合は、将来を考えて臓器を残しておいた方がいい場合や、摘出手術が難しい場合、そして末期の状態も当てはまります。もちろんその医師によって考え方も違ってくることもありますが、肉体的負担を極力抑える意味でも勧められるのです。このような場合で多いのが、高齢者の人です。高齢者であれば免疫力も少なく体力的にも若くはないので、摘出手術や抗がん剤による治療は負担が大きくなります。しかし、放射線治療であれば負担は少々あっても、他の治療と比べるとそこまで負担は大きくなりません。高齢者の年齢やがんの状態にもよりますが、なるべくメスを使わない治療で行われることが多いのです。放射線治療はいろいろな面から適している場合に用いられるので、年齢的な理由や状態が難しい場合でも、がん治療の可能性を大きくしてくれます。

腫瘍に直接作用する

診察

放射線治療は癌の治療として多くの方にも知られている治療法です。腫瘍に直接作用し、腫瘍の成長を遅らせたり小さくしたりします。放射線治療には副作用があり、疲れやすいことや食欲の低下や照射されたところが痒くなるなどがあります。気になる時は何でも医師に相談することが大切です。

Read